ATLAS-Japan Home Page

アトラス日本グループのための ccweb 使用ガイド

(Last update 2002.01.22 by T. Kondo)


アトラス日本グループの公式のグループWebページのリスト

        URL                   サブグループ名   ccweb管理者

http://atlas.kek.jp       アトラス日本グループHP        近藤 
       |   
       |-----  http://atlas.kek.jp/tgc        TGCグループHP     岩崎, (近藤) 
       |-----  http://atlas.kek.jp/tgcelec  TGCエレキグループHP  佐々木修, (近藤)
       |-----  http://atlas.kek.jp/tdc    TDCグループHP     新井
       |-----  http://atlas.kek.jp/silicon  シリコングループHP  海野
       |-----  http://atlas.kek.jp/daq    DAQグループHP      安, (近藤)
       |-----  http://atlas.kek.jp/solenoid  ソレノイドグループHP 近藤 
       |-----  http://atlas.kek.jp/comp    計算機グループHP    尾高, (近藤)  
       |-----  http://atlas.kek.jp/soft    ソフトグループHP   尼子, (近藤)      
       |-----  http://atlas.kek.jp/physics  物理グループHP    神前, (近藤)
       |-----  http://atlas.kek.jp/public     アトラス日本広報HP   近藤 


グループWebページの管理者のための手引き(2001.10.11現在)

・ccweb1 (Web発信用で世界のどこからでも見れる)とccweb2 (Web更新用、管理者のみアクセス可)の2台の
 計算機があり、10分ごとにccweb2の内容がccweb1にコピーされます。 Web上で見るには
 ccweb1は  http://www-atlas.kek.jp/”サブグループ名”/
              http://research.kek.jp/”ユーザアカウント名”/
 ccweb2は  http://ccweb2.kek.jp/group/atlas/”サブグループ名”/      (KEK内のみ可)
              http://ccweb2.kek.jp/people/”ユーザアカウント名”/      (KEK内のみ可)

・ccweb2にはグループ用と個人用の領域があります。Directory名は
   /usr/local/apache/htdocs/people/”ユーザアカウント名”
   /usr/local/apache/htdocs/group/atlas/”サブグループ名”
 で管理者はKEK内からのみアクセスできます。

・担当directoryの内容変更(fileやsubdirectoryの生成と消去、chmodなど)はscpまたは
 SSHポートフォワードを使ったftpで行います。
  [例1] ログインホストatl.cc.kek.jpからftpする場合:
    (1) 2つのホスト(li07i,li08i)があるので、2つのターミナル(またはwindow)から同じホストに
        ログインするには、
        % ssh -l xxxxx li08.cc.kek.jp  ----> ターミナルA
        % ssh -l xxxxx li08.cc.kek.jp  ----> ターミナルB
        とすれば確実(xxxxxはユーザーログイン名)。
    (2) ターミナルAよりccweb2にログインします。そしてそのままほっておきます。
        % ssh -l xxxxx -L10021:ccweb2.kek.jp:21 ccweb2.kek.jp
    (3) 次にターミナルBより
        % ftp -p localhost 10021
        でftpを起動します。自動的にccweb2につながるはずです。
          ftp> cd /usr/local/apache/htdocs/group/atlas/”サブグループ名”
        でccweb2上の担当directoryに入り、あとはftpコマンドでfile transferを行います。
  [例2] 自分のPCから直接ftpする場合:
    (1) SSHでccweb2.kek.jpにログインする。(その場合、Edit Favoriteの設定でSSH2を
          local port=12345, remote host=ccweb2.kek.jp, remote port=21とセットする)
    (2) Fetch 3.0.3で Host="localhost 12345" に自分のUserID/Passwordでアクセスする。
    (3) Directoryは/usr/local/apache/htdocs/group/atlas/”サブグループ名”にセットしておく。

・disk使用量の確認は、telnetでccweb2を開き、
    du -k /usr/local/apache/htdocs/group/atlas/”サブグループ名” 
 とすればいい。単位はkBです。サブグループ名を*とすれば全てのsubgroupのdisk使用量が見えます。

・各サブグループのdirectoryにはマスターホームページ index.html を作ってください。できましたら
  サブグループのホームページは統一した様式にしたいので、以下のテンプレートを基に作成を願います。
サブグループのトップページ用index.htmlのテンプレート
KEK計算センターによる情報や手引き
Send your comments of this home page to Taka Kondo