説明資料・現状報告 (updated 2016.5.24)

一般向け資料

  • CERNとLHCの概要(ppt,pdf
  • 2012.7.4 アトラスのヒッグス探索の最新結果( 原文とその日本語訳
  • 2012.1.20 Todai Research:ヒッグス粒子「発見」へのカウントダウン~アトラス実験チームが目指す存在確率99.9999%(pdf
  • 2008.12.5: LHC 加速器の現状とCERN の将来計画(pdf)T. Kondo
  • 2008.4.23:「超対称性入門 (超対称性とLHC)」 (pdf) S. Asai
  • 2004.11 : パンフレット「LHCが拓く21世紀の素粒子物理」 (pdf) S. Asai
  • 詳しい資料と現状報告(高エネルギーニュースの研究紹介など)

  • 2016.2.15: LHC/ATLAS実験 Run2の物理結果(pdf)隅田土詞
  • 2016.2.9: 新物理の兆候は見えたか?2光子共鳴状態の探索(pdf)寺師弘二
  • 2016.2.8: LHC ATLAS Run2の現状(pdf)山中隆志
  • 2015.11.16: LHC高輝度アップグレードとKEKでの超伝導磁石開発(pdf)中本達志
  • 2015.2.13: LHC ATLAS実験 Run 1 ヒッグス粒子の研究 -発見から測定へ- (pdf)田中純一
  • 2014.8.8: 新ATLASピクセル最内層「IBL」の建設 (pdf)生出秀行・田窪洋介
  • 2013.6: LHC実験速報 – 連載の終わりに寄せて–(pdf)小林富雄・徳宿克夫
  • 2013.6: LHC ATLAS実験ヒッグス研究の現状~2013 年春~(pdf)花垣和則
  • 2012.12: Hadron Collider Physics symposium 2012(pdf)石野雅也
  • 2012.12: H→bb チャンネルを用いたヒッグス粒子探索(pdf)永井義一
  • 2012.12: H→ττを用いたヒッグス粒子の探索(pdf)塙慶太
  • 2012.8.20: 実験速報連載の開始に寄せて(pdf)小林富雄・徳宿克夫
  • 2012.8.20: LHCとATLASの運転状況とヒッグス粒子探索(pdf)徳宿克夫
  • 2012.8.20: H→γγチャンネルを用いたヒッグス粒子探索(pdf)山村大樹
  • 2012.8.20: H→ZZ(*)→4ℓチャンネルを用いたヒッグス粒子探索(pdf)田中純一
  • 2012.8.20: H→WW(*)→ℓνℓνチャンネルを用いたヒッグス粒子探索(pdf)増渕達也
  • 2012.8.20: 新しいボソンの発見と今後(pdf)中村浩二
  • 2012.5.10: LHC最新の研究成果 IV(pdf)増渕達也・中村浩二
  • 2011.11.11: LHC最新の研究成果 III(pdf)津野総司・金谷奈央子
  • 2011.5.20: LHC最新の研究成果II(pdf)戸本誠・花垣和則
  • 2010.11.15: LHC(ATLAS・CMS) 最新の研究成果I(pdf)浅井祥仁
  • 2010.2.26: LHC実験始動(pdf)小林富雄
  • 2008.12.5: LHC加速器の現状とCERNの将来計画( pdf)近藤敬比古
  • 2008.8.22: LHCビーム最終収束超伝導四極磁石の開発とコミッショニング (pdf)中本建志・佐々木憲一
  • 2008.8.8: ATLASミューオントリガーシステムのコミッショニングと統合試運転 (pdf)杉本拓也・戸本誠
  • 2008.2.18: ATLAS ミューオントリガーシステムの組み上げと立ち上げ( pdf)石野雅也
  • 2008.2.1: アトラスシリコン検出器の建設(pdf)高力孝
  • 2007.12.5: 小特集「LHC実験が始まる」日本物理學會誌2007年12月号 (link
  • 2007.11.30: アトラスミューオントリガーシステムのためのエレクトロニクス開発と建設 (pdf)佐々木修・池野正弘
  • 2006.8.31: アトラス実験ミューオントリガーチェンバーの開発( pdf)田中秀治
  • 2006.3.1: LHCで期待されている物理 (pdf)浅井祥仁
  • 素粒子実験を目指す大学生の方へ

  • 「超高エネルギー素粒子物理実験」(pdf)S. Asai
  • 「LHC実験が拓く21世紀の素粒子物理像」(pdf)
  •